【教えてバーバラ!】インフルエンザ対策はどうしているの?②

教えてバーバラ

さてさて。。。。

なかなかの流行です。感染症。

どれだけ予防していても【なるときはなる!!】だからなったら、即、病院に行こうぜぃ、

しかも、すぐ治るし、くらいに。。。

今年もマスクもせず、平常運転なバーバラですが。。。

 

学年閉鎖になっても、周りの長年アロマママ友の子たちは元気にリフレッシュ休暇ばりに

お休みを謳歌しているのをみると、やはり免疫の底力を感じずにはおられません。

ですが、結構はやっていますね。。。。

感染症。

 

もう、いうな、かかったってわたしの耳にいれるな。

てか、廊下ではくな。。。道に吐くな。。。

 

と、死ぬほど嘔吐の嫌いなバーバラは思うわけです。

 

ことしも負けない!!!!

感染症!!

ついに、マヌカハニー登場!!!!

 

2016-05-04-16-21-01-182.jpg

 

 

ティーツリー、エキナセアはあたりまえ。

 

もっと、もっと、負けないぞっということで

マヌカハニーの登場です。

 

マヌカハニーとはニュージーランドに自生する

マヌカという木からとれるハニー

 

って、そのまんま。

 

そんなのわかるわよね。

 

なぜ、感染症?

 

実はですね。

マヌカの木はむかしからニュージーランドの

原住民のみなさまがやけどや様々な感染症に

煎じて飲んでいた、フトモモ科(バーバラだいすきフトモモ科。)の植物。

 

その植物から取られるハニーには強い抗菌作用があり、

様々な病原菌に有効で、

しかも、ほかのはちみつの抗菌成分よりも

熱や体内で、その殺菌力が失われることがすくなく

食中毒などにも有効で、だからと言って腸内細菌を

こわすこともない!!といわれているのです。

 

って、もうミラクル!!!なんですが

詳しくは。。。。。こちらのサイトなんかがわかりやすいかな?

 

でも、このマヌカの殺菌力、きちんと数値がでておりまして

UMF=ユニークマヌカファクターというのですが

この数値は、ちょっとむずかしいのですが

消毒液のフェノール水溶液でいうとどれくらいの

殺菌効果があるのかなー????っていうのを表していてですね。

 

数値が高いほうが、殺菌効果が高いのです。

 

殺菌力がきたいできるのは

UMF10以上。

 

ちょっとの喉の痛みくらいなら

これなめたら改善とか、バーバラある。

 

数値がたかくなればなるほど、お味も濃厚に

なるのですねー。

ちょっとこどもなんかは、そのままではいやがったりします。

 

なので、バーバラ家では

リンゴをレンジで焼きリンゴ風にして

このマヌカをからめたものを

朝食として、毎朝娘にはたべさせます。

 

ちなみに

バーバラはコンビタ社のマヌカハニーが好き

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マヌカハニー UMF10+(250g)【コンビタジャパン】
価格:4320円(税込、送料別) (2018/1/23時点)

 

もちろん、これをしてるから絶対!では

ありませんが

こつこつこつこつこつこつ

免疫数値をあげていく。

 

これ必要だと思います。

 

 

お役にたちますように!!!

※はちみつなので、1歳未満のお子様はめしあがれません。

はちみつアレルギーのかたにも。

摂取に関しては必ず自己責任のもと、おめしあがりくださいね。

 

 

 

コメント